日本酒

■日本酒
蒸した米に米こうじと水を加えて発酵させ、これをしぼり、さらに濾過して造る。

■美味しい飲み方
日本酒は "燗してよし、冷やしてよし" という世界でも珍しいお酒でで、飲用温度も他の酒類と比べ5℃~60℃位までと広範囲にわたります。
冷酒の飲み頃温度はビール等と同じ7~10℃程度、容器ごと冷蔵庫に冷やしておけば、手軽に「冷酒」が楽しめます。
また、吟醸酒など酒質によっては10~15℃が飲み頃です。
冷やしすぎては味わいの乏しいお酒もあります。
燗酒とは、40~60℃に温めることを燗と言いますが、50℃前後を熱燗、40℃前後をぬる燗と言い、その中間の45℃前後を適燗または上燗と言います。
好みの問題で、自分がおいしいと感じる温度にして飲むのが良いです。
常温で飲むことを「ヒヤ」と言いますが、その時の室温と同じ温度というのではなく、夏は少し冷やして、冬は少し温めて、15~20℃くらいの温度が「ヒヤ」の飲み頃温度でしょう。
その酒の持つ本来の味がわかることから、酒通の方に好まれ良く飲まれています。
オン・ザ・ロックスは、冷やしてロックグラスに大きめの氷を入れ、よく冷やした日本酒を注ぎます。
氷があまり溶けないうちに飲める量(50~60ml)を注ぐことがポイントで、原酒や純米酒、または生酒向きの飲み方です。

アルコールメニュー

お酒について